アットベリーは顔に使えるの?

薬用アットベリージェルは満足度90%と驚きの数字を出している人気の黒ずみケアクリームです。

 

 

脇などに使用されている方が大多数の中、「のケアにも使えるの?」ということが気になりますよね。

 

  • 危険性はないの?
  • 顔のニキビへの効果は?
  • 使用者の口コミは?

 

などの疑問があるかと思いますので、ここでは安全に全身どこでも使えるケア商品なのか?ということについて記載している内容となっています。

 

 

アットベリーを顔に使用して大丈夫なの?

アットベリーを顔に使って万が一のことがあってはいけませんので、危険性はないの?ということについてですが、公式サイトにきちんと記載されていました。

 

 

ワキ以外の部位をケアしても全く問題ないとのことです。

 

顔や目元のケアに愛用されている方もいるそうですよ。

 

アットベリーは無添加で構成されているジェルなので、お肌に優しい成分だけを厳選して作られています。

 

敏感肌の方にも安心して使ってもらえるように開発されている為、安全性には徹底した配慮がなされています。

 

 

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

 

上記のような肌への刺激が心配される成分は一切配合されていません。

 

顔を含む全身の黒ずみ・ニキビケアに愛用できる安心できる商品でした。

 

アットベリーを顔に使ってみた

無添加で安全性の高いジェルということが分かりましたので、実際に顔のニキビとニキビ跡のケアに試してみることにしました。

 

 

丁度良いタイミングで大人ニキビが出来てしまって困っていたところでした。

 

昔潰してしまった事が災いしたニキビ跡も周辺にありますし、アットベリーでこれらを同時にケア出来たらそれほど嬉しいことはありませんよね。

 

実際に顔にアットベリーを3ヶ月間使用した結果をお伝えしていきますね。

 

 

アットベリーを開始する前の写真ですが、ひどいものです。

 

ニキビとニキビ跡が目立ちすぎています。

 

普段は何とかメイクで隠しているのですが、周囲の本音は「肌荒れひどいな」と思っているに違いありません。

 

アットベリーを顔に直接使ってみたのですが、当然ながら肌トラブルなどは起こっていません。

 

ですが、開始1ヶ月では思ったような効果を得ることはできませんでした。

 

黒ずみでもニキビ跡でも、開始1ヶ月は目に見えた効果を実感出来ている方は少ないみたいですね。

 

そして3ヶ月目が終わる頃の写真を開始前と比較してみました。

 

 

全然違いますでしょ??

 

アットベリーにはニキビの炎症を抑えるグリチルリン酸ジカリウムと、ニキビ跡などのシミをケアできるプラセンタエキスという2つの有効成分が配合されているので、理論的にもニキビとニキビ跡を同時にケアできる商品です。

 

そして顔の肌にもその効果はきちんとありました。

 

アットベリーで顔の肌までキレイにできるなんて、私自信も凄く良い買い物をしたと自画自賛しているところです。

 

アットベリーを顔に使っている口コミ

かれこれ1年以上アットベリーを愛用していますが、そのおかげで体の黒ずみ対策で悩むことはなくなりました。

 

今はオールインワンジェルとしてスキンケアに愛用しています。

 

そこら辺の化粧品よりも凄く保湿力が高いので気に入っています。

薬用アットベリーの効果に感動したので口コミを投稿します。

 

 

この写真は私の顔に出来たシミですが、どう頑張っても薄くなることはありませんでした。

 

そんな時に友人から勧められたこのジェルを2ヶ月間試してみると、シミがかなり目立たなくなったのでした。

 

数年間あったシミをこれだけ目立たなくできるジェルなんてそうはないでしょう。

普段はボディクリームとして黒ずみケアに愛用しているのですが、ストレスや不摂生で大人ニキビが出来ると決まってアットベリーをニキビの上に置いています。

 

そうすることで数日で良くなるのですが、これは気のせいではないと思いますよ。

 

コスパを気にした上手な使い方

アットベリーを顔だけに愛用するのも一つの方法ではあるのですが、そんな方は少ないのではないでしょうか。

 

普通はワキやひじなどの黒ずみケアに使いますよね?!

 

それで顔のスキンケアまでアットベリーでカバーしていたらとても1ヶ月は持ちません。

 

そこで、コスパを考えた上手な使用方法としては「顔のニキビやシミにピンポイント」に使用することです。

 

 

  • 大人ニキビが出来てしまった時だけ
  • シミが出来ている箇所だけに塗る

 

などピンポイントで使うことでボディケアとスキンケアを追加料金なしで出来たりしてしまいます。

 

口コミを見ても顔への使用は本格的ではなくニキビが出来た時だけなどピンポイントで使っている方達が多くいらっしゃいました。

 

アットベリーは顔に使える!まとめ

 

 

無添加のアットベリーは顔へ使用しても全く問題はありません。

 

安全性には徹底した配慮がされているのでその点だけはご安心下さいませ。

 

そして実際にニキビとシミがケアできたことからアットベリーの効果の高さを体感しました。

 

成分から見ても顔でもワキでも全身に効果的にアプローチすることができるので、ニキビ跡やシミが気になる方は試してみても良いかもしれませんね。

 

アットベリーの関連記事

 

アットベリーは効果なし!1ヶ月では皆無だった本音の口コミとは?